このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39906
本文ファイル
別タイトル
Thyonidium diomedeae collected from the Seto Inland Sea (Echinodermata, Dendrochirotacea, Phyllophoridae)
著者
倉持 卓司
厚井 晶子
キーワード
樹手目 Dendrochirotacea
グミモドキ科 Phyllophoridae
瀬戸内海 Seto Inland Sea
ドロナマコ Thyonidium diomedeae (Ohshima, 1915)
NDC
動物学
抄録
北海道礼文島沖を模式産地として記載されたグミモドキ科のドロナマコThyonidium diomedeae(Ohshima, 1915)が,岡山県沖備讃瀬戸の水深11mの砂泥底より採集された。本種は,これまでに北日本および北アラスカより記録されている。本報告は本種の南限記録となる。
抄録(英)
Off-Rebun Island, Hokkaido, is listed as the type locality of Phyllophoridae Thyonidium diomedeae (Ohshima, 1915). Two specimens of Thyonidium diomedeae were collected from sand-and-silt bottom of Off-Okayama, Kibiseto in Seto Inland Sea, at the depth of 11m. Occurrence of the species has been reported only from northern Japan and northern Alaska, and this report revises the southern limit of the species distribution.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
51
終了ページ
54
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧