このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39897
本文ファイル
別タイトル
Taxonomic revision of Japanese Lingula anatina with L. reevii (Brachiopoda: Lingulata)
著者
倉持 卓司
厚井 晶子
柏原 克彦
キーワード
ウスバシャミセンガイ Lingula reevii
臭素(Br)
ミドリシャミセンガイLingula anatina
ヨウ素(I)
EPMA
18S rRNA 遺伝子配列
bromine
EPMA
iodine
Lingula anatine
Lingila reevii
18S rRNA gene sequences
抄録
日本周辺海域より得られたミドリシャミセンガイLingula anatina Lamarck, 1801,および,ウスバシャミセンガイLingula reevii Davidson, 1880の外部形態,殻構造,分子生物学的な比較検討を行った。試料は奄美大島より得られたミドリシャミセンガイ,および,有明海より得られたウスバシャミセンガイを用いた。これら2種類は,殻の形態および,生時の肉茎の色彩により外部形態で明瞭に区分される。

ミドリシャミセンガイの殻には,ウスバシャミセンガイの殻に比べ,硫黄(S),フッ素(F),鉄(Fe)が多く含まれている。一方,ウスバシャミセンガイの殻には,リン(P),カルシウム(Ca),マンガン(Mn),マグネシウム(Mg)が,ミドリシャミセンガイの殻よりも多く含まれていた。また,両種の殻に見られるリン酸カルシウム層の間の有機質部分に,特徴的に臭素(Br)とヨウ素(I)が検出され,それぞれ臭素(Br)はウスバシャミセンガイに多く,ヨウ素(I)はミドリシャミセンガイに多く検出された。

また,ミドリシャミセンガイ(奄美大島産)とウスバシャミセンガイ(有明海産)の18S rRNA遺伝子の塩基配列を比較した両種は異なるクレードに属することがわかり,両種は分子系統的にも離れた分類群として扱われるべきであることが示唆された。
抄録(英)
Two brachiopod Lingula species, L. anatina Lamarck 1801 and L. reevii Davidson, 1880, collected from Japanese waters were compared morphologically and phylogenetically in terms of shell morphology, shell elemental compositions, and 18S rRNA gene sequences. Specimens of L. anatine and L. reevii were collected from Amami-Ohshima Island and Ariake Sea, respectively, and used for comparison. Shells of these species were distinguied by allometric morphology and fresh tissue coloration.

Elemental compositions, as revealed by electron-probe microanalysis (EPMA), of the shells were distinct, too. Higher amounts of sulfur, fluorine and iron were found in the shells of L. anatine, while the L. reevii shells were more enriched with phosphorus, calcium, manganese and magnesium. Layers of calcium phosphate were commonly found in the shell cross-sections of both species, and bromine and iodine were specifically detected in the inter-layer organic matrix. More bromine were present in the L. anatine shells, while more iodine was found in the L. reevii shells.

Comparison of the 18S rRNA gene sequences of L. anatine and L. reevii, along with those from other species registered in a DNA database, resulted in construction of a phylogenetic tree. The two brachiopod Lingula species were placed in two separate clades, which suggests that they be regarded as not-closely related species.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
51巻
開始ページ
27
終了ページ
35
出版年月日
2012-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧