このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39896
本文ファイル
別タイトル
Record of the Smilium scorpio Aurivillius 1892 (Thoracica: Calanticidae) Collected from Off –Omi-shima, the Central Part of Seto Inland Sea, Japan
著者
倉持 卓司
厚井 晶子
柏原 克彦
Jadoon, Waqar Azeem
キーワード
大三島沖
トゲヒメミョウガSmilium scorpio
ヒメミョウガSmilium boninense
ミョウガガイ属
ミョウガガイ Scalpellum scalpellum
18S rRNA 遺伝子配列
Genus Smilium
off-Omi-shima
Smilium boninense
Scalpellum scalpellum
Smilium scorpio
18S rRNA gene sequence
NDC
動物学
抄録
瀬戸内海中央部の大三島沖より採取したトゲヒメミョウガSmilium scorpio Aurivillius,1892は,ミョウガガイ科の一種であり,日本周辺海域において鹿島灘以南の水深35~100m に分布するとされている(Utinomi, 1958; 内海,1965)。このうち瀬戸内海では,大阪湾友ヶ島沖と神戸東垂水沖からの記録しかないため(稲葉,1988),瀬戸内海内における分布の記録としてここに報告する。また,採取したトゲヒメミョウガからDNA 抽出を行い,18S rRNA 遺伝子の塩基配列を決定し,得られた塩基配列を基に分子系統的な考察を行った。
抄録(英)
Three specimens of Smilium scorpio Aurivillius, 1892, family Pollicipedidae, was collected from off-Ohmi-shima Island at the depths ranging from 42 m to 44 m, and the species has been known to distribute at the depths of 35-100 m in and south of Kashima-nada Sea, Japan. Collection of the species in the Seto Inland Sea has been reported only from eastern parts of the Seto Inland Sea, i.e., off-Tomogashima, Osaka Bay, and off-Tarumi, Kobe. We hereby report the collection of this species from western part of the Seto Inland Sea, as well as the 18S rRNA gene sequence of the species to be placed in a phylogenetic tree.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
51巻
開始ページ
21
終了ページ
26
出版年月日
2012-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧