このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39886
本文ファイル
別タイトル
Re-classification of the Apostichopus holothurians from Sagami Bay, central Japan
著者
倉持 卓司
キーワード
Apostichopus armata
Apostichopus japonicas
Holothurians
相模湾
Sagami Bay
NDC
動物学
抄録
相模湾より得られたマナマコ属genus Apostichopus(Liao, 1980)を再検討した結果,これまでマナマコApostichopus japonicus(Selenka, 1867)とされていた種類には,真のマナマコApostichopus armata(Selenka, 1867)とアカナマコ Apostichopus japonicus(Selenka, 1867)の2種類が含まれている結果が得られた。この結果は,Kanno et al.(2003)により報告された遺伝的に異なる日本産Apostichopus属の2つの集団(アカとアオ・クロ)と一致する。
抄録(英)
We reviewed classifications of the sea cucumbers (holothurians) belonging to the genus Apostichopus Liao, 1980, collected from the Sagami Bay, central Japan. Detailed examinations have led to a conclusion that some of the specimens that had once been identified as Apostichopus japonicus (Selenka, 1867) should be re-classified as Apostichopus armata (Selenka, 1867). This conclusion agrees with the report that the Japanese Apostichopus holothurians are divided into two major groups (Kanno et al., 2003).
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
49巻
開始ページ
49
終了ページ
54
出版年月日
2010-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧