このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39878
本文ファイル
別タイトル
First Record of Megalasma minus Annandale, 1906 (Cirripeda: Lepadomorpha) Collected off Kume Island, Ryukyu Islands, Southwestern Japan
著者
倉持 卓司
城間 一仁
キーワード
エボシガイ目
久米島
蔓脚綱
ヤリノホウニエボシ
琉球列島
Cirripeda
Kume Island
Lepadomorpha
Megalasma striatum Hoek, 1883
Ryukyu Islands
NDC
動物学
抄録
久米島沖,水深612mに設置された 海洋深層水取水施設において,ウニエボシ属のMegalasma minus Annandale, 1906が採集された。これは本種の新産地である。また,本種の和名新称としてヤリノホウニエボシを提案する。
抄録(英)
Specimens of the cirriped, Megalasma minus Annandale, 1906, were collected at the Okinawa deep-sea water facility through the deep-water inlet placed off-Kume Island at a water depth of 612 m in the Eastern China Sea. This is the first collection of the cirriped species from the Eastern China Sea water. Based on morphological features, we propose a new Japanese scientific name, Yarino-ho-uni-eboshi, for the species.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
48巻
開始ページ
69
終了ページ
72
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧