このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47271
本文ファイル
別タイトル
Relationship between conscious and unconscious processes: Subliminal mere exposure effects for targets in a negative social category are moderated by similarity to self and stimulus
著者
三木 あかね
中島 健一郎 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
contact ratio
Otaku category,
similarity
subliminal mere exposure effects
NDC
心理学
抄録(英)
The effects of subliminal mere exposure on the assessment of the “Otaku” (“geek” or “nerd”) category were found to be maximized when a handful of atypical members (non-Otaku) were grouped with several typical members (Otaku). We examined whether similarity to self and stimulus (i.e., self-reported Otaku tendencies) moderated the mere exposure effect in relation to an Otaku target. Participants reported the degree to which they regarded themselves as Otaku. Participants were then exposed to stimuli with different contact ratios (70% Otaku, 30% Otaku, 0% Otaku, and control) following the procedure described in a previous study (Kawakami and Yoshida, 2013). Participants then reported their subjective impressions of an Otaku target. Participants who self-identified as Otaku evaluated the target more negatively on the explicit measure when exposed to a stimulus that mixed Otaku and non-Otaku. These findings indicate that participants who self-identified as Otaku exhibited an aversion to in-group members (“dozoku keno”). These patterns suggest that subliminal mere exposure effects for targets are moderated by similarity to self and stimulus. The unconscious and conscious processes of interpersonal cognition are discussed.
内容記述
本研究の一部は第11回ドリームチャレンジ賞(H29)研究費により行われました。
本論文は,広島大学大学院教育学研究科心理学専攻に提出した平成29年度修士論文をもとに執筆したものである。本研究の一部は,日本社会心理学会第57回大会(2016年度)および中四国心理学会第72回大会(2016年度)で発表した。しかし,上記の学会発表では執筆者の不手際により,誤った分析結果を発表していた。再分析した結果が29年度修士論文および本論文の結果になる。
掲載誌名
広島大学心理学研究
18号
開始ページ
91
終了ページ
105
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧