このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32996
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
スピーキング能力の伸長を図ったシラバスを構成する活動例を示すために,中学校前半段階向けの活動をとりあげ,指導の際の留意点を述べる。評価の観点は,形成的評価の側面を持たせるためにも複数必要だと考え,コミュニケーション能力を構成すると考えられている要素のうち,複数のものを含めるように作成した。ただし,生徒の習熟の実態に応じて,中学校段階を通じて,必要な内容を繰り返し指導することが必要であることに留意したい。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
50巻
開始ページ
181
終了ページ
186
出版年月日
2010-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧