このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32976
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
英語検定試験の二次試験を突破する力をつけるために,学習内容を前倒ししたりという極端な対策をしなくても,検定教科書を用いた授業の内容を工夫すれば十分に対応できる。身近な暮らしにかかわる場面で用いる語彙は,教科書の見出し語だけでは不足している。文法面はほとんど問題がない。トピックは,教科書では日常生活の話題にとどまっている。身近なトピックであっても,そのことが広く社会でどう認識されているか,生徒間の多様な意見に触れる機会を提供し,視野を広げる指導が必要である。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
49巻
開始ページ
281
終了ページ
286
出版年月日
2009-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧