このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36839
本文ファイル
別タイトル
携帯端末を用いたペーパーレスな授業実践 : その利点と注意点
著者
NDC
教育
抄録
スマートフォンの普及に伴い,日本の大学における英語教育や英語学習での,携帯端末やデジタル化された教材の影響は増していると言える。英語教育の現場では,教員がデジタル化された教材を授業に取り入れることが容易となり,授業のデザインや運営にも変化が見られるようになった。英語の授業で観察される劇的な変化の一つは,学生の間でのスマートフォンの高い普及率のために,かつては禁止されていた教室内での携帯端末の使用が,近年では授業でのスマートフォン等の使用を受け入れ,語学教育に活用する流れになったことであろう。  

本稿では,筆者がスマートフォンの活用を中心に据えてデザインした半期完結の英語の授業について,2クラス分の実践を踏まえた上で,その利点と問題点について述べる。また,スマートフォンを活用した英語の授業について,広島大学の学生を対象に実施した調査の結果をまとめる。
抄録(英)
Technology continues to influence how English is taught and studied at universities in Japan with smartphones, offering an incredibly convenient way for language instructors to integrate digital technology into the study process. As smartphone technology has developed and ownership has increasingly become more widespread, these developments have altered an instructor’s approach to teaching English. The last few years have seen a dramatic shift away from the traditional approach of excluding mobile-phones from the classrooms as instructors have adapted to incorporate the increasingly high numbers of students who own smartphones.

The aim of this paper is to firstly show the advantages and disadvantages of two smartphone centred one-semester English language courses designed and taught by the author. Secondly, the paper will reflect on the results of students’ surveys conducted at Hiroshima University on how students in those smartphonecentred courses felt about their experiences and whether they benefited from such digitally-centric courses.
掲載誌名
広島外国語教育研究
18号
開始ページ
165
終了ページ
177
出版年月日
2015-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧