このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16292
本文ファイル
別タイトル
Notes on the Textual Collations of the Tale of Aubade, Ariake-no-Wakare : Vols.2 and 3 of the Tale
著者
キーワード
在明の別
孤本
本文校訂
本文読解
NDC
日本文学
抄録(英)
The Tale of Aubade, Ariake-no-wakare, which was written at the end of Heian Era, has its only extant copy deposited at the library of Tenri University. Since the transcription was made in the middle of the Edo Period, it is full of errors. This paper is, therefore, an attempt to explore the textual collations of the tale in question, dealing with its second and third volumes. The first volume was published in The Hiroshima University Studies, Faculty of Letters, Vol.58 (1998).
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
61巻
開始ページ
左31
終了ページ
左45
出版年月日
2001-12-28
出版者
広島大学大学院文学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1347-7013
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧