このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35599
本文ファイル
別タイトル
Television Which Writers Watched : TV Drama as the Possibility
著者
キーワード
戦後
文学
テレビ
佐々木基一
椎名麟三
野間宏
安部公房
『テレビドラマ』
NDC
日本文学
抄録(英)
The TV culture began to spread among the daily life of men of letters from the 1950s to the 60s. A literary critic such as Kiichi Sasaki, writers like Rinzo Shiina Hiroshi Noma, and Kobo Abe would attach great hopes for the future to this new medium, and they would take the form of TV Drama work. The scenarios of writers who played active parts after the war and many descriptions about TV are found in the published magazine "TV drama" in those days.
内容記述
本稿は、JSPS科研費(課題番号25770084)の成果の一部である。
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
73巻
開始ページ
45
終了ページ
65
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院文学研究科
ISSN
1347-7013
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧