このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45226
本文ファイル
著者
Kobayashi, Hideo
Skaer, Peter M. 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
epenthesis
emphasis
syllable contact
Optimality Theory
NDC
英語
フランス語
抄録(英)
This study addresses the positioning of an epenthetic element used as a marker of emphasis in English and French within Optimality Theory (Prince & Smolensky 1993/2004). The epentheses to be analyzed here are mostly considered “syllable structure optimization” (Sommerstein 1977: 227), which introduces a less than ideal syllable structure to the CV-structure. The source epentheses highlight an application of a Markedness constraint SYLLCON (Rose 2000), which requires that “the first segment of the onset of a syllable must be lower in sonority than the last segment in the immediately preceding syllable” (Rose 2000: 401). Following Rose (2000), we suggest that the generation of the grammatical output satisfying SYLLCON embodies the emergence of the unmarked (McCarthy & Prince 1994) in the source languages.
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. I, 人間科学研究
12巻
開始ページ
39
終了ページ
52
出版年月日
2017-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7688
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
掲載された論文,研究ノート,要旨などの出版権・著作権は広島大学大学院総合科学研究科に帰属する。
Copyright (c) 2017 Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University, All rights reserved.
部局名
総合科学研究科
他の一覧