このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36848
本文ファイル
別タイトル
Relationship between developmental disabilities and school avoidance tendencies in university students <Original Article>
著者
小島 奈々恵
二本松 美里
矢式 寿子
キーワード
発達障害
不登校傾向
大学生
developmental disabilities
school avoidance tendencies
university students
NDC
医学
抄録
本研究は大学生の発達障害の特性と不登校傾向との関連について検討することを目的とした。無記名自記式の質問紙調査を行い,分析対象者は284名であった。クラスタ分析の結果,全ての尺度において困難を頻繁に感じている群の学生は,登校回避傾向が最も高かった。重回帰分析の結果,「不注意」が「登校回避行動」に影響を与え,「不安・抑うつ」「不注意」が「登校回避感情」に影響を与えることが示された。対人関係や心理的問題に限らず,学生の自己管理能力にも注目して関わることが,不登校の学生支援において有効である可能性が示唆された。
抄録(英)
The purpose of this study was to disclose the relationship between developmental disabilities and school avoidance tendencies in university students. Data of 284 university students who answered questionnaires anonymously were analyzed. As a result of the cluster analysis, students who frequently feel difficulty in all measures had the highest school avoidance tendencies. As a result of the multi-regression analysis, it was indicated that “carelessness” had influence on “attitudes of school avoidance tendency”, and that “anxiety and depression” and “carelessness” had influence on “feelings of school avoidance tendency”. Focusing on the students’ self-management abilities as well as interpersonal relationships and psychological problems is suggested to be effective when supporting students with school avoidance tendencies.
掲載誌名
総合保健科学
31巻
開始ページ
27
終了ページ
33
出版年月日
2015-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧