このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35442
本文ファイル
別タイトル
Inward-oriented Japanese students and studying abroad <Original Articles>
著者
小島 奈々恵
二本松 美里
矢式 寿子
キーワード
内向き志向
日本人大学生
海外留学
inward-oriented
Japanese university students
studying abroad
NDC
心理学
教育
抄録
グローバル人材育成の一環として留学生の派遣が推進されているが,海外留学する日本人学生数は,2004年をピークに減少し続けている。留学を阻害する要因として,留学費用や留学時期以外に,若者の「内向き志向」が問題視されている。そこで,本研究では,「内向き志向」と留学の関係について検討した。「内向き志向」を「内向性」と捉え,留学に関して,内向群と外向群の差について検討した。外向群に比べ,内向群に留学意思はなく,海外での生活や対人関係,語学力不足,留学先の教育レベルの高さなどをより問題視していた。「内向き」な学生の不安を軽減するような留学に関する情報提供により,海外留学は促進されると考えられた。
抄録(英)
The number of Japanese university students who study abroad has been decreasing since 2004. Other than the cost and time of studying abroad, Japanese students being inward-oriented is said to be influencing the decrease of students studying abroad. In this study, the relationship between inward-oriented students and studying abroad is discussed. Compared to outward-oriented students, inward-oriented students did not want to study abroad. They were anxious about living abroad, relationships abroad, language barrier, and the level of education abroad. It was thought that the number of Japanese students studying abroad would increase by giving inward-oriented students information which will relieve their anxiousness.
掲載誌名
総合保健科学
30巻
開始ページ
21
終了ページ
26
出版年月日
2014-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧