このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32063
本文ファイル
別タイトル
Fish Fauna in the Coastal Area of Kurahashi Island, Seto Inland Sea, Japan <Article>
著者
門田 立
坪井 美由紀
キーワード
磯魚
温暖化
魚類相
瀬戸内海
広島県
Fish fauna
Global warming
Hiroshima Prefecture
Reef fish
Seto Inland Sea
NDC
動物学
抄録
瀬戸内海の倉橋島において,潜水センサスによる魚類相の周年調査を行った。本調査により,8目29科53種の魚類を確認した。これらは周年定住種16種,季節的定住種37種に分けられた。近年,瀬戸内海で報告されている暖海性魚類と思われる種は確認されなかった。月毎の出現魚種数は,9・10月の41種が最多であり,1・2月の18種が最少であった。冬期には,9・10月に認められた多くの季節的定住種はその姿を消し,周年定住種を中心とした魚類群集が形成された。本調査海域の冬期の最低水温は10℃であり,低水温が種数の変動に影響し,暖海性魚類の出現を制限する要因になっていると考えられた。
抄録(英)
We conducted a year-long underwater census to survey fish fauna on a reef off Kurahashi Island in the Seto Inland Sea. A total of 53 species (8 orders, 29 families) were recorded; 16 species were residents, 37 were seasonal residents. No tropical/warm-temperate fish were confirmed. The total number of fish species (41) peaked in September and October, but drastically decreased to just 18 species in January and February because of the disappearance of most seasonal residents. These seasonal residents appeared to be prevented from continuing residence in the central part of the Seto Inland Sea because of the low water temperature in winter.
内容記述
※誤植訂正のためPDF差し替え(2018年3月20日)
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
2号
開始ページ
43
終了ページ
52
出版年月日
2010-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2010 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
生物圏科学研究科
他の一覧