このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41625
本文ファイル
別タイトル
Another Step in Japanese Grammar : Toward a convincing grammatical explanation
著者
白川 博之 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
descriptive study
teaching Japanese as a second language
learners' point of view
vital points of description
記述的研究
日本語教育
学習者の視点
記述の「勘どころ」
NDC
教育
抄録(英)
This paper discusses the necessity of the re-establishment of the reciprocal relationship between the study of Japanese grammar and the teaching of Japanese as a second language. Descriptive study of Japanese grammar has been developing to meet the demand of Japanese learners and teachers. However, the relationship between the two is much less close recently. Based on many examples, we will argue (1) that the descriptive study of Japanese grammar, which is said to be making less progress these days, could obtain many vital points of description from the Japanese learners' point of view, and (2) that numerous findings of the grammatical studies of several decades, on the other hand, remain unapplied to the grammatical explanations for Japanese learners.
内容記述
本論文は,台湾日語教育学会(2011年11月25日,静宜大学),日本語教育学会研究集会(2013年8月31日,京都外国語大学),韓国日語教育学会第28回国際学術大会(2015年12月5日,同徳大学)において同名の題目で行った講演の内容に加筆・修正を加えたものである。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
65号
開始ページ
169
終了ページ
175
出版年月日
2016-12-22
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5554
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧