このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19334
本文ファイル
著者
Yaji, Koichiro
Koyama, Michie
Hirai, Chiyuki
キーワード
chromium compounds
magnetic circular dichroism
ferromagnetic materials
X-ray absorption spectra
vacancies (crystal)
impurity distribution
抄録(英)
Ferromagnetic chromium tellurides Cr5 Te6 (δ=0.17) and Cr2 Te3 (δ=0.33) have been investigated by Cr 2p x-ray absorption spectroscopy and x-ray magnetic circular dichroism (XMCD). The observed XMCD spectra have been analyzed by means of a configuration-interaction cluster model calculation. From calculated results, we suggest that the doped holes created by the Cr deficiency exist mainly in the Te 5p orbital of Cr1-δ Te.
掲載誌名
Journal of Applied Physics
97巻
10号
開始ページ
10A316-1
終了ページ
10A316-3
出版年月日
2005-04-28
出版者
American Institute of Physics
ISSN
0021-8979
NCID
出版者DOI
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2005 American Institute of Physics.
関連情報URL
部局名
理学研究科
先端物質科学研究科
放射光科学研究センター