このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36752
本文ファイル
別タイトル
Recent Population Trends of Small-Scale Sillago in Western Seto Inland Sea, Japan (2011-2013). <Article>
著者
重田 利拓
手塚 尚明
中川 倫寿
キーワード
アオギス
キス科
絶滅危惧種
中津干潟
Sillago parvisquamis
endangered species
Nakatsu tidal flat
Sillaginidae
small-scale sillago
NDC
動物学
抄録
キス科の絶滅危惧種アオギス Sillago parvisquamis について,最大の生息地である瀬戸内海周防灘南部(豊前海)の大分県中津干潟において2011~2013年に調査を実施し,本種の最新の生息状況や年齢構成などを明らかにした。同干潟では2011年級の卓越が認められ,釣りCPUE(個体数/3時間/人)は,2012年6月では7.4(n=13)の高値を示した。2011年級の卓越は豊前海の各生息地で認められ,同海域全体で共通した現象であった。一方,周防灘北部や伊予灘の生息地では2011 年級の卓越は認められず,2011年級の卓越は豊前海に限定した現象であることが明らかになった。
抄録(英)
Small-scale sillago, Sillago parvisquamis (family Sillaginidae), is recognized as an endangered species in Japan. The only large local population of this species is found on the Nakatsu tidal flat in southern Suo-nada Sea (that is the Buzen-kai Sea) in the Seto Inland Sea, Japan. The population structure on the Nakatsu tidal flat was investigated in 2011-2013 to clarify recent population trends. It was found that 2011 constituted the dominant year class. The catch per unit effort (number of caught fish/3 hours/person) by rod-and-line fishing in June 2012 showed a high value of 7.4 (n=13) for the spawning season. This dominant year class was evident at all sampling stations in the Buzen-kai Sea. However, the same year class was not observed in the northern part of the Suo-nada Sea and adjacent waters. These results thus indicate that the dominance of the 2011 year class occurred only in the area of the Buzen-kai Sea.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
6号
開始ページ
31
終了ページ
39
出版年月日
2014-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
生物圏科学研究科
他の一覧