このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47557
本文ファイル
別タイトル
Transition of Anesthesia Management and Anesthetics Used for 50 Years Since the Establishment of Anesthesiology Department in Hiroshima University
著者
福田 秀樹 病院(医)
安田 秀道
原木 俊明 大学院医歯薬保健学研究科(医) 広大研究者総覧
濱田 宏 大学院医歯薬保健学研究科(医) 広大研究者総覧
河本 昌志 大学院医歯薬保健学研究科(医) 広大研究者総覧
キーワード
麻酔薬
吸入
静脈内
変遷
anesthetics
inhalation
intravenous
transition
NDC
医学
抄録
広島大学麻酔蘇生学教室は1967年1月に盛生倫夫が初代教授に就任し開講した。開講50周年を機に,麻酔科開設以来の麻酔管理に用いた麻酔薬の変遷を辿った。開講当初から1985年までは亜酸化窒素とハロタンを中心とした吸入麻酔薬の時代,1990年から2005年はエンフルラン,イソフルラン,セボフルランなどの吸入麻酔薬とフェンタニルの併用の時で,2010年からはプロポフォールとレミフェンタニルの全静脈麻酔あるいはセボフルランあるいはデスフルランとレミフェンタニル併用の時代であった。開講から1980年頃まではスキサメトニウムを主に使ったが,それ以降は非脱分極性筋弛緩薬であるパンクロニウムへ,そしてベクロニウムへ推移し,現在はロクロニウムが主流となっている。使用麻酔薬の変遷は麻酔薬の科学的な評価とそれらを使用する麻酔科医の考え方を反映していた。
抄録(英)
Department of Anesthesiology and Critical Care, Hiroshima University, started in January 1967 when Dr. Michio Morio became the first professor. With the 50th anniversary of the establishment of the department, the transition of the anesthetics used in our long history of anesthesia care was investigated since the beginning of the department. Inhalation anesthetics was mainly used in combination with nitrous oxide and halothane from the beginning to 1985. Inhalation anesthetics such as enflurane, isoflurane, sevoflurane and intravenous fentanyl were used from 1990 to 2005, and the total intravenous anesthesia by using propofol and remifentanil was introduced and used currently. Sevoflurane or desflurane combined with remifentanil was also a mainstream since 2010. From the beginning to 1980, suxamethonium was mainly used for muscle relaxation, followed by pancuronium thereafter and shifted to vecuronium and to rocuronium. The transition of anesthetics applied for clinical anesthesia in our department seemed to be reflecting the selection based on scientific validity.
掲載誌名
麻酔と蘇生
55巻
1号
開始ページ
5
終了ページ
11
出版年月日
2019-03-01
出版者
広島麻酔医学会
ISSN
0385-1664
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬保健学研究科
病院
他の一覧