このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45224
本文ファイル
別タイトル
The Influence of Group Situation and Members’ Identity on the Leadership Preference
著者
川口 司寛
坂田 桐子 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
leadership
identity
group situation
NDC
心理学
抄録(英)
This study examined the mediation effects of group members’ identity for the relationship between the group situation and their leadership preference. We focused on two dimensions of leadership: individualized – deindividualized, and task oriented - relational oriented. We hypothesized that members’ collective identity may be salient in the intergroup comparison situation (H1), relational identity may be salient in the intragroup cooperation situation (H2), and individual identity may be salient in the intragroup comparison situation (H3). And we hypothesized that the member with salient individual identity may not need any leader (H4), the members with salient relational identity may prefer to an individualized relational oriented leader (H5), and the members with salient collective identity may prefer to a deindividualized task oriented leader (H6). In study 1, the results of a laboratory experiment showed the support to hypothesis 1-3. In study 2, although hypothesis 4 was not able to examined, hypothesis 5 and 6 were partially supported from the results of investigation. Finally, contributions and limits of this study were discussed.
内容記述
本論文は,第1著者が広島大学大学院総合科学研究科に提出した2008年度修士論文の一部に加筆・修正を行ったものである。
また,本研究は第2著者を研究代表者とする日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C)の助成を受けて行われた。
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. I, 人間科学研究
12巻
開始ページ
11
終了ページ
26
出版年月日
2017-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7688
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
掲載された論文,研究ノート,要旨などの出版権・著作権は広島大学大学院総合科学研究科に帰属する。
Copyright (c) 2017 Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University, All rights reserved.
部局名
総合科学研究科
他の一覧