このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41651
本文ファイル
別タイトル
Effects of Morality, Dominance, and Relational Maturity on Perception of Intimate Partner Violence
著者
森永 康子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
坂田 桐子 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
平川 真 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
intimate partner violence
morality
social dominance orientation
relational maturity
親密な関係における暴力
道徳性
社会的支配志向性
恋愛様相
NDC
社会
抄録(英)
The effects of morality, social dominance orientation, and relational maturity on perception of intimate partner violence (IPV) were investigated in a sample of 300 Japanese male in their 30s. After reading a description of an IPV scenario involving a hypothetical couple, participants responded to items of victim (i.e., wife) blame. We expected that men with higher self-rated morality, higher social dominance orientation and less mature relationships with their own partners would show the highest victim blame. However, we found that men who rated themselves as having high morality blamed the victim more than those who did not, regardless of their dominance orientation and relational maturity. The results suggested that morality might play an important role in IPV.
内容記述
本研究はJSPS科研費JP263808440の助成を受けたものである。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域
65号
開始ページ
81
終了ページ
86
出版年月日
2016-12-22
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5562
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
総合科学研究科
他の一覧