このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33050
本文ファイル
別タイトル
Social Support and Recovery After the Dissolution of College Students' Romantic Relationships
著者
山下 倫実
キーワード
恋愛関係崩壊からの立ち直り
ソーシャル・サポート
ジェンダー
大学生
NDC
心理学
抄録
本研究は,大学生におけるソーシャル・サポートと恋愛関係崩壊からの立ち直りとの関連について検討した。まず,性役割の観点より,恋愛関係崩壊前の情緒的サポート源が恋愛パートナーに限定される者は女性より男性に多いという予測1について検討した。恋愛関係にある大学生146名を対象に友人(同性/異性),恋人,家族(同性/異性)から提供されたサポート(情緒的/道具的)について尋ねた。その結果,予測1は概ね支持された。次に,現在,恋愛関係にない大学生132名を対象に恋愛関係崩壊時の情緒的サポート源が多い者ほど,立ち直り評価が高いという予測2について検討した。各関係からのサポート(予測1の検討と同様),恋愛関係崩壊時のショック度,恋愛関係崩壊からの立ち直り過程の経験及び立ち直り評価などの項目について回答を求めた。サポート形態は,情緒的サポート源が多様である多様型,情緒的サポート源が同性友人に限定される同性友人型,サポート低型に分類された。予測2は概ね支持され,恋愛関係崩壊前の情緒的サポート源を恋愛パートナーに限定することが,立ち直り評価の低さにつながる可能性が論じられた。
抄録(英)
The role of social support in recovery after the breakup of college students' romantic relationships was investigated in the present study. Hypothesis 1 was that male students would depend on emotional social support from the romantic partner more than female students do. College students (N =146) who had an ongoing romantic relationship completed a questionnaire measuring emotional and instrumental social support from approximately 5 social support providers within particular relationship domains (same sex friend, opposite sex friend, romantic partner, same sex family member, opposite sex family member). The results partially supported the hypothesis. Hypothesis 2, that those with many different sources of support would show better recovery after the breakup of a romantic relationship, compared to those with limited sources of support, was tested in college students (N =132) who had experienced the breakup of a romantic relationship. The participants completed questionnaires measuring social support, the degree of pain experienced at the breakup, and the degree of recovery experienced after the breakup. The answers on the social support items were classified into 3 types : (1) various sources of emotional support, (2) emotional support from same-sex friend, and (3) few sources of emotional support. The results partially supported hypothesis 2.
掲載誌名
教育心理学研究
56巻
1号
開始ページ
57
終了ページ
71
出版年月日
2008-03-30
出版者
日本教育心理学会
ISSN
0021-5015
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 日本教育心理学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連情報URL
部局名
生物圏科学研究科
総合科学研究科