このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39871
本文ファイル
別タイトル
On the abnormally morphological forms in Mola sunfish (Mola spp. A and B) taken from Japanese coastal waters
著者
澤井 悦郎
山野上 祐介
橋本 博明
キーワード
異常個体
外部形態
飼育個体
精巣肥大
マンボウ属
abnormal form
external morphology
hypertrophied testes
Mola spp. A and B
reared specimens
NDC
動物学
抄録
2007年6月から2008年12月までの日本近海におけるマンボウ属2種( Mola spp. A and B)の調査の中で(全145個体),胸鰭変形7個体,背鰭短縮2個体,背鰭軟条配置異常1個体,舵鰭臀部側欠損1個体,舵鰭欠損1個体,人為的な損傷3個体,精巣肥大2個体,幼形形態1個体を得た。これら異常がみられた18個体の内訳には先天的な奇形,捕食生物による損傷,人為的な損傷,寄生虫による変形などがあり,また長期間飼育された個体(1個体)は天然水域の個体と体形が異なる可能性が示唆された。人為的な損傷がみられた3個体と長期飼育された1個体を除く,天然水域で採集された異常個体(14個体)は採集された全体の約1割(14/145)で,ある程度は天然水域にも存在するものと推測された。
抄録(英)
Of 145 ocean sunfish specimens obtained from Japanese coastal waters between June 2007 and December 2008, morphologically abnormal forms were confirmed in a total of 18 specimens. Seven had transformed pectoral fins; two had shortened dorsal fins; one had abnormally arranged dorsal soft rays; one was missing the lower part of the clavus; one was missing the whole clavus; three had partially damaged bodies or fins, probably because of artificial cutting; two had hypertrophied testes; and one was a young fish in the juvenile-specific morphological form. These abnormal forms were thought to have occurred as a consequence of congenital malformation or damage by predation, parasites, humans, or other factors. One suffered a transformation in body shape from a natural form, probably because it was reared for a long period of time in an aquarium. According to the frequency of non-artifically abnormal individuals (ca. 10%, 14/145), the occurrence of abnormalities is not rare in natural populations.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
48巻
開始ページ
9
終了ページ
17
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧