このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39863
本文ファイル
別タイトル
東シナ海産キアンコウにおけるトゲナシツブムシAcanthochondria spirigeraの寄生状況
著者
Kubo, Satoshi
Hashimoto, Hiroaki
キーワード
parasitic copepod
Acanthochondria spirigera
new host
anglerfish
Lophius litulon
East China Sea
寄生性カイアシ類
トゲナシツブムシ
Acanthochondria spirigera
新宿主
キアンコウ
東シナ海
NDC
動物学
抄録
東シナ海で漁獲されたキアンコウLophius litulonの口腔壁にカイアシ類ツブムシ科のトゲナシツブムシAcanthochondria spirigeraの寄生を認めた。キアンコウは本寄生虫の新宿主である。トゲナシツブムシを含むAcanthochondria属のカイアシ類は魚市場等で食品衛生的な問題を起こすことがあるため,その寄生状況を観察した。全検査魚における寄生率は72%で,キアンコウ1尾当たり普通1~2個体が寄生していた。寄生部位は口腔壁で,鰓への寄生は見られなかった。1尾当たり寄生数は魚体長が増すほど,また季節的には秋(9~11月)に多くなる傾向がみられた。
抄録(英)
Anglerfish Lophius litulon (Jordan) caught commercially in the East China Sea off western Japan were found to be infected with the chondracanthid copepod Acanthochondria spirigera Shiino, 1955. Lophius litulon is a new host for this copepod. We made an observation on the occurrence of A. spirigera on anglerfish because the copepods of the genus Acanthochondria cause food hygiene problems at fish markets in Japan. Overall prevalence of infection with A. spirigera was high (71% of 31 fish examined), and one or two copepods were usually found on an infected fish. Their attachment site was the roof and floor of the buccal cavity of the fish. The number of copepods per fish showed an increasing tread with fish size and during the fall months (September to November).
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
47巻
開始ページ
17
終了ページ
22
出版年月日
2008-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧