このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30183
本文ファイル
別タイトル
口永良部島における17科45魚種の食餌
著者
Takeuchi, Naoko
Saeki, Toshifumi
Hashimoto, Hiroaki
キーワード
coral reef fish
carnivores
piscivores
stomach contents
サンゴ礁魚類
肉食性魚
魚食性魚
胃内容物
NDC
動物学
抄録
南日本にある口永良部島の沿岸域において採集した17科45種の魚類(テンジクダイ科, ダツ科, アジ科, タカノハダイ科, ゴンベ科, イサキ科, イットウダイ科, フエフキダイ科, フエダイ科, アシロ科, ハタンポ科, トラギス科, キントキダイ科, フサカサゴ科, ハタ科, エソ科, ヘビギンポ科)の胃内容物を分析した。すべての餌品目のうち, 魚類と甲殻類は各々全体の約59%と74%の魚類によって食べられていた。甲殻類のうちカニ類は52%によって食べられており, 魚類に加えて, カニ類も主に食べられていると考えられた。
抄録(英)
Stomach contents of 45 fish species from 17 families (Apogonidae, Belonidae, Carangidae, Cheilodactylidae, Cirrhitidae, Haemulidae, Holocentridae, Lethrinidae, Lutjanidae, Ophidiidae, Pempheridae, Pinguipedidae, Priacanthidae, Scorpaenidae, Serranidae, Synodontidae, Tripterygiidae) sampled from the coastal zone around Kuchierabu-jima Island, southern Japan, were analyzed. Of all prey items, fish and crustaceans were preyed on by 59 % and 74 % of all predators, respectively. Of the crustaceans, brachyurans were preyed on by 52 %, suggesting that in addition to fish as prey items, brachyurans are commonly preyed on by predatory fish species.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
46巻
開始ページ
5
終了ページ
13
出版年月日
2007-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧