このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33712
本文ファイル
別タイトル
Development of educational media to increase the physical activity and exercise adherence of hemodialysis patients
著者
佐藤 香苗
野口 詩織
齊藤 未香
山内 太郎
キーワード
透析患者
運動アドヒアランス
教育メディア
hemodialysis patients
exercise adherence
educational media
NDC
医学
抄録
日本に約30万人いる慢性透析患者の96.7%は血液透析患者で占められており,その多くが栄養状態や運動機能,さらにはQOL(生活の質)の低下をきたしている.我々は,これまで透析日の生活活動を高めることで,患者の栄養状態およびQOLが向上する可能性を明らかにしてきた.しかし,高齢化・透析の長期化により,患者の運動耐容能は低いことが懸念される.そこで,本研究は,ストレッチやマッサージなどの受動運動を中心に,低強度運動療法に対する患者のアドヒアランスが高まるような教育メディアの開発を目的とした.一般的に用いられている教育メディアの種類と特徴を検討した上で,視聴覚教材のDVDを選択・制作した.このDVDは,患者の身体能力や意欲に応じて選択可能な「段階的コース」を用意した.結果として,患者の個別性にあわせたセミオーダーメイドの教育メディアが開発でき,その運用によって患者の自発的な学習を支援することが可能となり,患者のアドヒアランスが高まることが期待される.
抄録(英)
The number of chronic dialysis patients in Japan is approximately 300,000, 96.7% of whom receive hemodialysis. Many of these patients experience a decline in nutritional status, physical function, and QOL (quality of life).

We previously demonstrated that the nutritional status and QOL of patients can be improved by increasing the duration of low-level physical activity on the day of dialysis. However, we are concerned that the exercise capacity of dialysis patients is greatly impaired both by ageing and by the extension of the dialysis period. This study is, therefore, aimed at developing educational media to increase the adherence of patients to low-intensity exercise therapy such as stretching and massage, i.e., what is commonly referred to as passive exercise.

Among the various audiovisual media available, we chose to produce a DVD as the most effective option. Further, we developed a graded course to meet the needs of individual patients in terms of level of physical function and commitment.

As a result, we developed education media semi-customized to the individual patient's needs and able to support voluntary learning.

Adherence of patients to physical activity and exercise can be improved if a graded exercise program is developed to meet the various levels of severity among hemodialysis patients.
掲載誌名
広島大学保健学ジャーナル
10巻
2号
開始ページ
72
終了ページ
80
出版年月日
2012-08-31
出版者
広島大学保健学出版会
ISSN
1347-7323
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 広島大学保健学出版会
部局名
保健学研究科
他の一覧