このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39186
本文ファイル
著者
NDC
日本文学
内容記述
本稿は、平成23年度城下町広島の歴史講座十講の講演「国学者の活動拠点としての広島―近藤芳樹の場合―」(2012年2月18日)の内容の一部を成稿化したものである。
また、本稿は平成24年度科学研究費補助金基盤研究(B)「世界遺産・厳島の総合的研究―「伝承・伝説の時代性」の視点から―」(研究代表者 狩野充徳氏)による研究成果の一部である。
掲載誌名
国文学攷
218号
開始ページ
1
終了ページ
15
出版年月日
2013-06-30
出版者
広島大学国語国文学会
ISSN
0287-3362
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2013 by Author
部局名
文学研究科
他の一覧