このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45483
本文ファイル
別タイトル
A Study on Tactical Knowledge Acquisition among Fourth Grade Students in a Physical Education Class: Focusing on the Offensive Guard in Flag Football
著者
與倉 潤也
木原 成一郎 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
ボール運動
フラッグフットボール
戦術的知識
ガード
ball movement
flag football
tactical knowledge
guard
NDC
教育
抄録
試合の中で戦術的な動きを行ったり,試合をする以前に作戦を立案したりする際には,いずれも戦術に関する知識が必要となる。それゆえ,ボール運動の学習を効果的に進めるためには,戦術に関する知識の指導が重要であるといえる。本研究は,フラッグフットボールにおけるオフェンスのガードに着目して,児童の戦術的知識の変容を明らかにすることを目的とした。
そこで,単元の前後に戦術的知識テストを行い,記述を分析した。その結果,多くの児童がガードの戦術的知識を獲得していたことが明らかになった。それは具体的には,ガードの役割や原則といったガードの「宣言的知識」や,敵や味方の動きを意識したガードの動き方というガードの「手続的知識」であった。また,作戦を成功させるために必要となる効果的なガードの仕方に関する「手続的知識」を獲得していた児童も多くみられた。
抄録(英)
In ball games, knowledge of tactics is required both during a match and while planning operations before a match. Therefore, for children to learn to play ball games effectively, knowledge on tactics is important. This study aimed to clarify how children’s tactical knowledge changed following a unit focusing on the offensive guard in flag football. To this end, a tactical knowledge test was conducted before and after the unit, and the results were analyzed. Findings showed that many children had acquired tactical knowledge related to offensive guards. Children gained two specific types of knowledge. First, they gained declarative knowledge about offensive guards, such as the role of the guard in the football game. Second, the gained procedural knowledge about offensive guards, such as how guards must remain conscious of the movements of opponents and teammates. Additionally, many children acquired procedural knowledge regarding the guarding tactics necessary to make plays successful.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
6号
開始ページ
105
終了ページ
114
出版年月日
2018-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧