このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39086
本文ファイル
別タイトル
Argulus coregoni (Crustacea: Branchiura: Argulidae) from a yamato charr, Salvelinus leucomaenis japonicus, in a Japanese stream at high altitude
著者
キーワード
Argulus coregoni
Branchiura
fish parasite
high altitude
yamato charr
Salvelinus leucomaenis japonicus
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
長野県大桑村を流れる木曽川水系伊奈川の支流,ケサ沢で採集したヤマトイワナの体表にチョウモドキ Argulus coregoni が寄生していた.採集場所は標高1075mで,本種が自然分布する最高標高地点である.本報告では,この採集記録に加えて,わが国の高い標高の河川・湖沼から報告された魚類寄生虫の記録も収録し,カイアシ類のイワナナガクビムシ Salmincola carpionis と線虫類の Rhabdochona oncorhychi が標高1500mから採集されていた.
抄録(英)
An adult female of the argulid branchiuran Argulus coregoni Thorell, 1864 was collected from the body surface of a yamato charr, Salvelinus leucomaenis japonicus Oshima, 1961, in the Kesa-zawa Stream, a tributary of the Ina River within the Kiso River system, at an altitude of 1075 m in Ookuwa Village, Nagano Prefecture, Honshu, central Japan. This collection represents the highest altitude record for the natural distribution of A. coregoni in Japan. This paper also compiles the past records of fish parasites collected in high-altitude water bodies of Japan: the lernaeopodid copepod Salmincola carpionis (Krøyer, 1837) and the rahbdochonid nematode Rhabdochona oncorhychi (Fujita, 1921) have been recorded from salmonids at an altitude of 1500 m.
掲載誌名
日本生物地理学会会報
70巻
開始ページ
261
終了ページ
265
出版年月日
2015-12-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
0067-8716
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 The Biogeographical Society of Japan, 日本生物地理学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科