このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48180
本文ファイル
別タイトル
MEASURING CHANGES IN MUTUAL INDUCED ENVIRONMENTAL EFFECTS BETWEEN TWO CITIES
著者
金子 慎治 大学院国際協力研究科 広大研究者総覧
市橋 勝 大学院国際協力研究科 広大研究者総覧
吉延 広枝
キーワード
input-outputanalysis
trade and environment
induced environmental effects
Tokyo
Beijing
抄録
本稿では, 都市間の経済依存と発生環境負荷の時点間変化を, 複数の地域産業連関表を組み合わせて計測し, その比較と要因分解を行なう. 対象地域は, 東京, 北京, 日本のその他地域の2都市, 1地域であり, 比較する時点は92年及び97年, 90年及び95年である. 分析から得られる主要な結論は, 各地域の相互輸出はこの5年間で2倍前後の伸びを示していて, 相対的に東京から北京への輸出の増大が大きくなっている, だが, 輸出1単位当りの誘発環境負荷量の比較や要因分解の結果によれば, 北京での環境負荷は増大しており, その日本との格差は依然深刻であることが分かった. 環境負荷増大の要因は, 北京側での原単位の悪化と日本側での輸出の増大である.
抄録(英)
This paper aims to measure changes in economic dependency and the induced environmental effects between two cities with multiscale Input-Output tables during the priod between 90/92 and 95/97. The empirical analysis is conducted for the case of Tokyo and Beijing. First, we found that the trade between Tokyo and Beijing has increased more than two times in five years and the expansiong of export from Tokyo to Beijing are relatively larger. As a result, the gap of induced environmental impacts between Tokyo and Beijing is slightly scaling down. However, the induced environmental impacts in Beijing per unit export Tokyo become worse which leads to a conclusion that relative gap of environmental impacts between Tokyo and Beijing is still seriously large. This is one of main frivers to enlarge environmental impacts together with rapid increase in export from Tokyo to Beijing.
内容記述
本稿は,平成16~18年度 環境省地球環境研究総合推進費「物質フローモデルに基づく持続可能な生産・消費の達成度評価手法に関する研究」(研究代表者 独立行政法人国立環境研究所,森口祐一)の成果の一部である.
掲載誌名
環境システム研究論文集
34巻
開始ページ
293
終了ページ
303
出版年月日
2006-10-10
出版者
土木学会
ISSN
1345-9597
1884-8125
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2006 公益社団法人 土木学会
関連情報URL
部局名
国際協力研究科