このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48183
本文ファイル
別タイトル
Recent Development in Vitamin B6 Research: Anti-tumorigenetic and Anti-angiogenetic Effects
著者
松原 主典 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
小松 俊一朗
加藤 範久 大学院生物圏科学研究科
キーワード
ビタミンB6
大腸がん
細胞増殖
酸化ストレス
血管新生
vitamin B6
colon cancer
cell proliferation
oxidative stress
angiogenesis
抄録
ビタミンB6を大量に投与するとがんの増殖や転移が抑制されると考えられていた。しかしながら最近, 実際の食生活に近い適量のビタミンB6を食餌に加えると大腸腫瘍の発現が抑制されることがマウスを使った実験によって明らかになった。その作用は, 大腸の細胞増殖や酸化ストレス, 一酸化窒素 (NO) 産生の抑制によるものであることが示唆された。さらに, ビタミンB6には, がんの成長や転移に重要な役割を果たす血管新生を抑制する作用があることも明らかになった。これらの結果は, ビタミンB6が大腸がん予防に有効な栄養素であることを示唆するものとして注目される。
抄録(英)
It has been considered that supraphysiological doses of vitamin B6 suppress tumor growth and metastasis in rodents. However, our recent studies have demonstrated that azoxymethane-induced colon tumorigenesis in mice is markedly suppressed by moderate doses of dietary vitamin B6 similar to the dietary level for humans. The anti-tumorigenetic effect of vitamin B6 appears to be mediated by suppressing cell proliferation, oxidative stress and nitric oxide (NO) synthesis in the colon. Furthermore, we have found that vitamin B6 inhibits angiogenesis, which plays an important role in tumor growth and metastasis. Taken together, vitamin B6 would be an attractive nutrient to prevent the development of colon cancer.
掲載誌名
日本栄養・食糧学会誌
55巻
5号
開始ページ
287
終了ページ
290
出版年月日
2002-10-10
出版者
公益社団法人 日本栄養・食糧学会
ISSN
0287-3516
1883-2849
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2002 日本栄養・食糧学会
関連情報URL
部局名
教育学研究科
生物圏科学研究科