このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32993
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
2004年度および2005年度と,中学校のある学年の数学を担当した際に,それぞれ年に1回ずつ出店授業を行った。出店授業とは,出店形式の授業で,子どもたちが主体的に取り組む授業を実現するためのひとつの方法である。2005年度には岩田耕司先生(現島根大学教育学部准教授)が中心となり研究紀要に調査研究の報告をまとめている。今年度から再び中学生を担当したことから前回の反省や結果を踏まえて中学校1年生に対して出店授業を行い,前回と同じ内容のアンケート調査を行うことで前回の調査結果の検証を行ってみたので報告する。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
50巻
開始ページ
153
終了ページ
162
出版年月日
2010-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧