このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43379
本文ファイル
別タイトル
The Practical Research of the Support for the Preschooler from Abroad: To Construct Early Childhood Education for Promote Communication
著者
七木田 敦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
清水 寿代 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
河口 麻希 大学院教育学研究科
菅村 亨 大学院教育学研究科
中邑 恵子
NDC
教育
抄録
本研究では,近年増加傾向にある外国籍幼児の支援に関する実践的研究を行った。外国籍の幼児は,母語しか話せない場合がほとんどであり,制度としても就学児のような手厚いサポートが受けられない。そのため,保育における意思疎通の難しさが問題となるため,コミュニケーションの広がりを目指した保育の構築を検討した。エピソード収集及びカンファレンスを行うことで対象児の変容と支援の内容を把握することを通して,外国籍幼児のコミュニケーションを広げるためには,以下の四点が有効であることが示唆された。①遊びを通して幼児同士が通じ合える経験の重要性,②双方の言葉を用いたアプローチの有効性,③保育者の意識変容の重要性,④保護者と保育者の隙間を埋めることの必要性。
抄録(英)
This study aimed to support the preschoolers from abroad. Most of them speak an only mother tongue. There is no institutional support for them. Accordingly the communication between the children from abroad and the children who speak Japanese faces many difficulties. This study examined what is important to improve their communication. Two caregivers have made documents describing the characteristics of subject's communication for two years and some caregivers in the kindergarten have held conferences in which they revealed the relationship between the supports which caregivers have done and the changes of subject's communication. The result shows that it is important that (1) caregivers speak a word in Japanese with a corresponding word in subject's language, (2) caregivers attempt not to adapt subject's behavior to the classroom culture but to attract his/her interest in the classroom activities, and (3) caregivers and subject's parents get to know each other.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
45号
開始ページ
21
終了ページ
31
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
王, 心慧
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧