このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32639
本文ファイル
別タイトル
Classes based on the new course of study 1 : Learning of Hanshi and Hanwen to develop students' imagination.
著者
岡本 恵子
NDC
教育
抄録
中学校国語の「思考力や想像力を養い」と同じく高等学校の新学習指導要領でも,目標に「思考力や想像力を伸ばし」と「想像力」が加わった。一方,小・中学校「国語」並びにこのたび必履修科目となった「国語総合」においても古典重視の姿勢が明らかになった。この両者は必ずしも直接結びつくものではない。しかし,従来訓詁注釈にとらわれがちに見えた漢詩・漢文こそ,実は「想像力」を伸ばすにふさわしい教材なのである。「想像力を伸ばす」とは「実際には見たり体験したりしていない事柄などを頭の中に思い描く段階から更に進んで,様々な資料を基に,これから起こるであろうことやどのように行動すればよいのかということを思い描くなど,将来の状況やあるべき姿を予測したり,見通しをもって行動したりすることの能力までも身に付けることである」という。歴史を越えて読み継がれてきた普遍的内容を持ち,心情的側面と論理的側面を併せ持つ漢詩・漢文は,一字一字に意味と働きを持つ漢字の特性をふまえたとき,近現代の日本文学にも日本の古典文学にも無い独自の教材的価値を持つのである。このたびはそれを明らかにし,来年度以降の方向性を模索した。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
40号
開始ページ
153
終了ページ
158
出版年月日
2012-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧