このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45828
本文ファイル
別タイトル
Psychosocial Tasks of the Elderly: A Reconsideration of the Eighth Stage of Erikson's Epigenetic Scheme
著者
深瀬 裕子
岡本 祐子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
老年期
心理社会的課題
精神分析的個体発達分化の図式
E.H.Erikson
統合対絶望
Elderly
Psychosocial task
Epigenetic scheme
Ego integrity vs. despair
NDC
心理学
抄録
本研究は,Erikson(1950/1977・1980)の精神分析的個体発達分化の図式Epigenetic schemeにおいて空欄となっている老年期における8つの心理社会的課題を示し,Erikson,Erikson,&Kivnick(1986/1990)との比較から,日本における心理社会的課題の特質を検討することを目的とした。高齢者20名を対象にErikson et al.と同様の手続きによる半構造化面接を行った。その結果,8つの心理社会的課題を説明する肯定的要素と否定的要素,および課題に取り組むための努力である中立的要素がそれぞれ抽出された。これらより,第VIII段階における8つの心理社会的課題を具体的に示した。また,各課題に取り組む際に,戦争体験,家制度,社会の中での高齢者の地位という日本独自の文化が影響していることが示唆された。以上の知見は社会参加に積極的な人々における心理社会的課題の取り組み方を示すものであり,特に高齢者の心理社会的課題を理解する上で重要であると考えられた。
抄録(英)
This study investigated the eight psychosocial tasks of the epigenetic scheme in a sample of elderly Japanese, and compared the tasks to those outlined by Erikson, Erikson, and Kivnick (1986). Semi-structured interviews were conducted on 20 Japanese (11 males and 9 females, age range=65-86, mean age=74.15, SD=5.59) using the same method as in Erikson et al. Qualitative analyses revealed that all psychosocial tasks of the elderly were structured as positive (syntonic), negative (dystonic), and neutral. The following psychosocial tasks were revealed: integrity vs. denial/regret (VIII), grand-generativity vs. distance between generations/denial of influence by younger generation (VII), relationship continuity vs. relationship cessation when in crisis (VI), firm self vs. wavering self (V), pleasure vs. inferiority complex (IV), challenge vs. loss of purpose (III), internal/external ego autonomy vs. renouncement of ego autonomy (II), and appreciation vs. mistrust (I). These findings suggest that although there are variations among elderly individuals, they change the meanings of their various activities and relationships to emphasize maintenance over progression of activities/relationships. In addition, they review their life experiences to create a new self.
掲載誌名
発達心理学研究
21巻
3号
開始ページ
266
終了ページ
277
出版年月日
2010-09-20
出版者
日本発達心理学会
ISSN
0915-9029
2187-9346
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 日本発達心理学会
部局名
教育学研究科