このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30103
本文ファイル
別タイトル
The Importance of Intellectual Property Rights in International Transactions
著者
キーワード
知的財産権
国際取引
特許等使用料
Intellectual Property Rights
International Transactions
Royalties and Licenses Fees
NDC
経済
抄録
企業のノウハウや技術が海外へ意図せず流出することを防止し、適切に保護することは産業の発展・活性化に欠かせない。知的財産権関連の国際取引は主にサービス貿易の一分野として取り扱われており、この取引については1995年に発効したTRIPS協定によってWTO体制下で包括的かつ総合的な知的財産権の保護体制が確立されることになった。

本稿は、知的財産権の国際取引が記録される国際収支表上の特許等使用料収支に注目してその現状と動向を確認し、今後ますます高まるであろう知的財産権取引の重要性を再確認しようとするものである。
抄録(英)
Ideas and knowledge are an increasingly important part of international trade. Most of the value of new and high technology products lies in the amount of invention, innovation, research and design involved. The WTO's TRIPS Agreement is an attempt to narrow the gaps in the way these rights are protected around the world, and to bring them under common international rules.

Today, creators can be given the right to prevent others from using their inventions, designs or other creations - and to use that right to negotiate payment in return for others using them, which will in effect facilitate their international transactions.

This paper confirms the increasing importance of intellectual property rights in international transactions by focusing on royalties and licenses fees account in the balance of payments statistics.
掲載誌名
地域経済研究
21号
開始ページ
45
終了ページ
54
出版年月日
2010-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧