このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24746
本文ファイル
Thumnail 64-1685.pdf 2.45 MB
別タイトル
日本海最西部のクモヒトデ相の予備的調査
著者
Ishida, Yoshiaki
Takayasu, Katsumi
Kobayashi, Iwao
Lee, Yeon-Gyu
Seto, Koji
Tanaka, Hidenori
Tamura, Kazutoshi
Go, Akio
キーワード
echinoderm
ophinroid
taxonomy
the Sea of Japan
zoogeography
棘皮動物
クモヒトデ
動物地理
日本海
分類学
NDC
動物学
抄録
1999年11月及び2000年6月に日本海最西部の水深43-133mの海域において6科11属13種のクモヒトデが採集された。この中で5種、Ophiophrixus acanthius、Ophiocentrus koehleri、Amphiura (A.) teptobrachia、Amphiophiura pomphophora、Ophiomusium scatrareが日本海初記録であった。日本海全域からこれまでに採集されたクモヒトデ類の動物地理についても論じた。
抄録(英)
Thirteen species of ophiuraids belonging to 6 families and 11 genera were collected at depths of 43-183 m in the westernmost part of the Sea of Japan in November 1999 and July 2000. The following 5 species, were the first record from the sea: Ophioplirixus acanthius H. L. CLARK, 1911, Ophiocentrus koehleri GISLÉN, 1926, Amphiura (A.) leptabrachia MuRAKAMI, 1942, Amphiophiura pomphophora (H. L. CLARK, 1911), and Ophiomusium scalare LYMAN, 1878. The zoogeography of ophiuroids occurring in the Sea of Japan is also discussed.
掲載誌名
生物生産学研究
40巻
開始ページ
1
終了ページ
14
出版年月日
2001-11
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧