このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39902
本文ファイル
別タイトル
Sock discrimination for juvenile ayu, Plecoglossus altivelis altivelis from stomach of field-caught Japanese seabass, Lateolabrax japonicas in the Nuta River, Hiroshima Prefecture
著者
占部 敦史
キーワード
アユ
胃内容物
耳石Sr/Ca比
スズキ
由来判別
ayu
otoltih Sr/Ca ratio
seabass
stock discrimination
stomach content
NDC
動物学
抄録
広島県沼田川下流域でスズキに捕食された稚アユの由来判別を,耳石結晶化および耳石Sr/Ca比を指標に行った。稚アユ7個体のうち,3個体は耳石の結晶化が認められたことから人工放流種苗とした。正常な耳石を有していた4個体の耳石Sr/Ca比分析を行ったところ,3個体が人工放流種苗で,天然遡上は1個体となった。結局,稚アユ7個体の由来は,天然遡上が1個体で,6個体は放流された人工放流種苗と考えられた。耳石形状やSr/Ca比分析は,外敵に捕食された稚アユの由来判別に有効であると考えられた。
抄録(英)
Stock discrimination study for juvenile ayu, Plecoglossus altivelis altivelis from stomach of Japanese seabass, Lateolabrax japonicus in the Nuta River estuary was conducted using prey otolith morphology and Sr/Ca profiling. Out of 7 individuals, 3 individuals identified as hatchery-stock ayu that had crystallized otolith. Based on the Sr/Ca profiling for 4 individuals that have normal otolith, 1 individual was identified as an amohidromous form and 3 individuals were identified as hatchery-stock ayu. The results showed that otolith-based approches could provide insight into stock discrimination for even highly digested ayu that have lost all phenotypic characteristics.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
9
終了ページ
14
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧