このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39901
本文ファイル
別タイトル
炭素窒素安定同位体比を用いた広島湾の海産生物24種の栄養段階の推定
著者
Ahmad-Syazni, Kamarudin
Yamamoto, Masaki
Tahara, Naoki
Tomano, Satoshi
Ishihi, Yuka
Tokuda, Masaharu
キーワード
Finfish
Hiroshima Bay
stable isotope analysis
trophic level
安定同位体分析
栄養段階
魚類
広島湾
NDC
動物学
抄録
本研究は広島湾に生息する魚類や頭足類などの栄養段階を炭素・窒素安定同位体分析を用いて明らかにした。分析した魚類の中で最もδ15N値が低かったのはカタクチイワシとサヨリの14.4‰で,逆に高かったのはカサゴの16.8‰であった。δ13C 値が低かったのはサヨリとスズメダイの-17.6‰で,高かったのはマダイとシロギスの-15.3‰であった。頭足類を加えると,アオリイカのδ15N 値とδ13C 値は最も高く,それぞれ17.3‰と-14.8‰であった。このような種間の栄養段階の違いは,食性や栄養源の違いを反映していると考えられた。本研究結果は,瀬戸内海でも屈指の漁場として知られている広島湾において,魚類資源の持続的利用を行うために有益な知見となるであろう。
抄録(英)
Stable isotopes can provide useful knowledge about sources and processes within an ecosystem. The stable isotopes of carbon (δ13C) and nitrogen (δ15N) were used to investigate trophic relationships of relatively commercially important 21 finfish species, cephalopods in Hiroshima Bay. Among 21 finfish species, the lowest mean δ15N of 14.4‰ was recorded for Engraulis japonicus and Hyporhamphus sajori while the highest mean δ15N of 16.8‰ was recorded for Sebasticus marmoratus. The lowest and highest mean δ13C were noted -17.6‰ for Chromis notata and H. sajori, and -15.3‰ for Pagrus major and Sillago japonica, respectively. Including with cephalopods, the highest mean δ13C and δ15N noted at -14.8‰ and 17.3‰ for Sepioteuthis lessoniana. Information of stable isotope variation and trophic level in aquatic species of Hiroshima Bay can be used for monitoring and managing sustainable fisheries.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
1
終了ページ
7
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧