このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30186
本文ファイル
別タイトル
Landlocked Ayu, Plecoglossus altivelis (Teleostei: Plecoglossidae) in the Ashida River, Hiroshima Prefecture, as Identified by Otolith Sr/Ca Ratio
著者
柴 智久
検崎 仁美
柴田 恭宏
キーワード
アユ
耳石Sr/Ca比
陸封
芦田川
人造湖
八田原ダム
三川ダム
ayu
otolith Sr/Ca ratio
landlocked form
Ashida River
dams
artificial lakes
NDC
動物学
抄録
広島県芦田川中流・上流域で捕獲したアユ成魚10個体の耳石Sr/Ca比を調べ由来判別を行った。その結果, 9個体の耳石Sr/Ca比に変動がなく, 終始低レベルに推移したため, それらは仔稚魚期に海洋生活を送らなかった陸封アユと判断された。これら陸封アユは, 芦田川に建設された八田原ダムや三川ダムによって形成された人造湖(芦田湖, 神農湖)で再生産したものと考えられた。
抄録(英)
Ayu Plecoglossus altivelis is one of the most important freshwater fishes in Japan and usually amphidromous. Stock identification was conducted using otolith Sr/Ca analysis for ayu from the Ashida River, Hiroshima Prefecture. In nine of 10 adults sampled from the upper and middle-reaches in August-October 2006, the ratio did not fluctuate and remained at a low level, indicating that these ayu were landlocked fish without staying as larvae and juveniles in coastal marine waters. The landlocked ayu likely reproduce in two artificial lakes (Lake Ashida and Lake Jin-no formed by Hattabara Dam and Mikawa Dam, respectirely) in the Ashida River.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
46巻
開始ページ
35
終了ページ
42
出版年月日
2007-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧