このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30185
本文ファイル
別タイトル
日本におけるイカリムシの新宿主と日本産イカリムシ科カイアシ類の目録(1915~2007年)
著者
Inoue, Akiko
Myat, Su
キーワード
Lamproglena chinensis
Lernaea cyprinacea
Lernaea parasiluri
Lernaeidae
parasites
new hosts
イカリムシ
寄生虫
新宿主
NDC
動物学
抄録
広島県芦田川産コウライニゴイHemibarbus labeoとナマズSilurus asotus, また同県黒瀬川産カワムツZacco temminckiiよりイカリムシLernaea cyprinaceaを採集し, その形態を簡単に記載した。コウライニゴイとカワムツはイカリムシの新宿主であり, ナマズはわが国における新宿主である。コウライニゴイ(寄生部位: 鰓)とカワムツ(背鰭)から得られたイカリムシは成体雌, ナマズ(鰓)から得られた個体はコペポディド5期であった。1915~2007年の93年間に出版された文献に基づいて, わが国におけるイカリムシ科カイアシ類3種(イカリムシ, ナマズイカリムシ[新称]Lernaea parasiluri, ヒメイカリムシ[新称]Lamproglena chinensis)に関する情報(シノニム, 宿主, 寄生部位, 地理的分布)を整理し, 目録として示した。この整理により, イカリムシはわが国では10目17科に属する33~34種(亜種を含む)の魚類と2目2科に属する2種の両生類から記録されていることが明らかになった。また日本産イカリムシの分類学的再検討を含む今後の研究課題を示した。上記の新標準和名に加えて, Lamproglena属に対してヒメイカリムシ属の新標準和名を提唱する。
抄録(英)
The lernaeid copepod Lernaea cyprinacea Linnaeus, 1758, was found attached to three species of freshwater fishes, the barbell steed Hemibarbus labeo (Pallas) (Cyprinidae), the dark chub Zacco temminckii (Temminck and Schlegel) (Cyprinidae), and the Amur catfish Silurus asotus Linnaeus (Siluridae) from Hiroshima Prefecture in Japan. The findings from Hemibarbus labeo and Zacco temminckii represent new host records for L. cyprinacea, while Silurus asotus is a new host in Japan. Based on the literature published for 93 years from 1915 to 2007, a checklist of three species of lernaeid copepods (Lernaea cyprinacea, Lernaea parasiluri, Lamproglena chinensis) from Japan is given, including information on the synonym(s), host(s), site(s) of infection, and distribution. The checklist shows that in Japan L. cyprinacea has been reported from 33 or 34 species and subspecies of fishes belonging to 17 families in 10 orders and also from 2 species of amphibians from 2 families in 2 orders.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
46巻
開始ページ
21
終了ページ
33
出版年月日
2007-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧