このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16439
本文ファイル
別タイトル
Comparison of flexion and extension protocol for testing knee joint position sense
著者
田中 浩介
植田 一幸
キーワード
膝前十字靭帯
位置覚
固有感覚
ACL
position sense
proprioception
NDC
医学
抄録
新しい固有感覚測定装置使用のための基礎データを得る目的で膝関節の運動方向の違いが位置覚測定の結果に与える影響を調べた.対象は,膝関節疾患および外傷の既往がない大学生8名とした.位置覚測定は設定角度を膝屈曲15°として,設定角度まで膝屈曲30°から伸展させるタスクと,膝完全伸展位から屈曲させるタスクを行った.2つのタスク間で再現角度,定数誤差値および絶対誤差値の平均値に差があるかを確かめたが,いずれも有意差を認めなかった.その結果,運動方向の違いは,位置覚測定では測定結果に影響を与えないことが示唆された.これは,位置覚測定において運動方向を任意に選択しても結果に影響しないことを示している.膝関節構成体は運動方向の違い,即ち屈曲と伸展で異なった刺激を受けていると考えられるが測定結果に有意差を認めなかったことからメカノレセプターの機能を再考する必要があると考えた.今後はACL 損傷者と健常者とを比較することにより,位置覚測定で運動方向の違いがACL 中のメカノレセプターに与える影響を明らかにすることができると考える.
抄録(英)
It is reported that the anterior cruciate ligament (ACL) has a sensitive function that regulates proprioception. The partial or total rupture of ACL could reduce proprioception. In this study, we investigated whether the direction of joint motion has an affect on proprioceptive sensibility. Eight subjects (5 men and 3 women) who did not have any history of previous injury or surgery to either knee joint participated. Two kinds of tasks for knee joint position sense were examined using a specially made article to record target joint angles and to calculate reproduced angles after limb movement. Task A involved extension from a 30°flexed position and task B involved flexion from a totally extended position. The repositioning angle departed from target angle (15°) within one degree in each task. Mean real error indicated a tendency to underestimate reproduced joint angles in all tasks, although the magnitude of the error was small. Absolute error was around two degrees. No significant difference was found in repositioning angle, real error or absolute error between task A and task B. These data show that direction of joint motion does not affect knee joint position sense. It is suggested that joint direction can be chosen at will in the measurement of knee joint position sense. Further investigations may include measurements of ACL injured patients to clarify the influence of ACL mechanoreceptors by comparison with the present study as a control group.
掲載誌名
広島大学保健学ジャーナル
4巻
1号
開始ページ
20
終了ページ
26
出版年月日
2004-12-17
出版者
広島大学保健学出版会
ISSN
1347-7323
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科
他の一覧