このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36899
本文ファイル
別タイトル
Relationship among Factors of Learners, Kanji Characters and Kanji Writing Quiz in Children with Low Vision <Original Article>
著者
一木 薫
キーワード
弱視教育
漢字
視知覚発達検査
education for children with low vision
Chinese character(KANJI)
Development Test of Visual
NDC
教育
抄録
漢字書き取りテストとフロスティッグ視知覚発達検査を20名のロービジョン(LV)児に実施した。同じ漢字書き取りテストを10名の晴眼児にも実施した。LV児は晴眼児の成績を参考に5名分のデータが結果の分析に用いられた。正答率は晴眼児がLV児を上回り,構造エラー率はLV児が晴眼児を上回った。晴眼児・LV児ともに正答率を規定する漢字諸属性は配当学年であった。LV児のみにおいて構造エラー率を規定するのは規則性であった。LV児の構造エラー率と空間関係の値の間に相関が見られた。これらのことから,LV児への漢字指導に際しては,規則性の小さい漢字において注意を要することが示唆された。
抄録(英)
A kanji writing quiz and a Developmental Test of Visual Perception was conducted using 20 children with low vision. A kanji writing quiz was conducted using 10 normal children. A data of 5 low vision children was chosen to analyze. Normal children was superior in the correct rate to low vision. Low vision children was superior in the writing error rate to normal. Both normal and low vision children was the correct rate to terms of kanji. Low vision children was the writing error rate to regular of kanji. There was a correlation of the writing error rate and value of spatial relationships in low vision children. This suggests that for kanji learning in low vision children support is necessary for care should be exercised in instruction for irregular kanji.
内容記述
本研究は,科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))(課題番号:18830050)を受けて実施されたものである。
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
13号
開始ページ
53
終了ページ
63
出版年月日
2015-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧