このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31905
本文ファイル
著者
NDC
教育
目次
目次 / p1
緒言 / p1
第1章 主観的運動強度(RPE)に関する研究と本研究の目的 / p5
 第1節 RPE尺度の理論的背景 / p6
 第2節 RPEの妥当性と再現性 / p8
 第3節 RPEと環境温 / p11
 第4節 全身のRPEと部分RPE / p13
 第5節 設定RPE値による運動強度の調節 / p19
 第6節 RPEこ及ぼすトレーニングの影響 / p21
 第7節 水泳におけるRPE / p23
 第8節 本研究の目的 / p24
第2章 水泳中のRPEの妥当性に関連する基礎的要因 / p28
 第1節 水泳における運動強度の指標としてのRPEの妥当性 / p29
 第2節 異なる水温下での水泳におけるRPE / p39
 第3節 水泳における全身のRPEに対する部分RPEの寄与率 / p46
第3章 水泳指導へのRPEの適用 / p54
 第1節 時間泳における設定RPE値による運動強度の調節 / p55
 第2節 設定RPE値による運動強度の調節に及ぼす水泳練習の効果 / p59
 第3節 間欠的水泳運動におけるRPE / p65
第4章 総合考察 / p76
 第1節 本研究の成果と意義 / p77
 第2節 総括と今後の課題 / p81
引用文献 / p85
謝辞 / p97
図表 / p98
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
学位記番号
乙第2954号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(教育学)
学位名の英名
Pedagogy
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1997-03-21
部局名
教育学研究科