このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44885
本文ファイル
別タイトル
The Syntactic Function of “Wa” Phrases and the “Ga” Case in Japanese: Contrastive Study of the CP Layer with Italian
著者
上野 貴史 大学院文学研究科 広大研究者総覧
キーワード
CP Layer
「ハ」句
「ガ」格
かき混ぜ
イタリア語
日本語
“Wa” Phrase
“Ga” Case
Scrambling
Italian
Japanese
NDC
日本語
抄録(英)
This paper investigates "Wa" phrases related to the complementizer phrase (CP) layer, which indicates the pragmatic function of sentences, and the "Ga" case referring to a tense phrase (TP), which shows the propositional meaning of sentences. According to Kuno (1973), the particle "Wa" functions in two ways: as a Thematic Topic or a Contrastive Topic, and the "Ga" case has three functions: Exhaustive Listing, Neutral Description, and Nominative Object. By examining these syntactic functions, we posit that "Wa" phrases have two kinds of movement: inside the TP and toward the CP layer, and "Ga" phrases move to Spec TP and the CP layer. On the basis of the refinement of the Japanese CP layer, we clarify the distinction of the CP layer between Japanese and Italian.
内容記述
本稿は、2017年9月2日、広島市立大学で開催された第47回西日本言語学会において、「日本語における「ハ」句と「ガ」格の統語機能について:イタリア語のCP Layer との対照」と題して口頭発表を行ったものに加筆・修正を施したものである。
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
77巻
開始ページ
31
終了ページ
50
出版年月日
2017-12-25
出版者
広島大学大学院文学研究科
ISSN
1347-7013
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧