このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48179
本文ファイル
別タイトル
Comparative Study on Energy and Carbon Flow in City and its Implication on the Local Climate Change Policy between Industrial City and Service City in Japan
著者
吉延 広枝
金子 慎治 大学院国際協力研究科 広大研究者総覧
市橋 勝 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
embodied energy
industrial structure
Input-Output Analysis
Skyline Analysis
抄録
京都議定書の第1約束期間を目前に控え、地方自治体においても地球温暖化対策の策定・実施が求められている。本研究は通常用いられる領域原則にもとづく二酸化炭素排出量をもとに各都市が削減目標を設定することが適切であるかどうかを検討するために、産業連関分析によりサービス都市 (福岡市) と工業都市 (北九州市) のエネルギー消費、二酸化炭素排出構造について比較分析した。その結果、1人当たり二酸化炭素排出量について、都市域内から直接排出される二酸化炭素のみを対象とする場合と、都市の移輸入・移輸出を通じた外部との間接的な二酸化炭素排出量のやり取りを考慮した責任排出量では、大きく結果が異なることが示された。
抄録(英)
On the verge of the first commitment period of the Kyoto Protocol, effective strategies and local measures for climate change mitigation and its implementation is required for local governments in Japan. In order to evaluate applicability and validity of territory principle of IPCC for GHGs emission inventory at local level, this study describes the urban metabolic structure of energy and carbon in a Japanese service city (Fukuoka) and industrial city (Kitakyushu) by using Input-Output analysis technique. Per capita direct CO2 emission in Kitakyushu City is much higher than in Fukuoka City. However, the per capita responsible CO2 emission which is defined as direct and indirect CO2 emission minus embodied CO2 emission in export goods shows opposite results. This implies that the application of the territorial principle of IPCC inventory to a city might not be relevant to guide better directions of urban climate change policies.
内容記述
本研究は平成16年度地球環境推進費「物質フローモデルに基づく持続可能な生産・消費の達成度評価手法に関する研究(代表:森口祐一)」の一環として行われたものである。
掲載誌名
環境システム研究論文集
33巻
開始ページ
389
終了ページ
397
出版年月日
2005-11-03
出版者
土木学会
ISSN
1345-9597
1884-8125
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2005 公益社団法人 土木学会
関連情報URL
部局名
総合科学研究科
国際協力研究科