このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43385
本文ファイル
別タイトル
Pre-Service Teachers’ Teaching Skills of Student Guidance and Musical Instruction in Teaching Practice(3)
著者
末廣 麻由子
三村 真弓 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
伊藤 真 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
枝川 一也 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
3年次にあたる本年度の研究の柱は次の2点である。第1点は,「生徒指導と芸術性抽出シート」の活用である。実習生はこのシートに,「①授業のどの場面で生徒指導の3観点が実現できたか」「②音楽の授業のなかで芸術性が高いと感じられたか」について,自己評価および批評会における他者評価の内容を記入する。第2点は,附属中・高等学校と附属三原中学校,附属東雲中学校と附属福山中・高等学校間で,実習生についての記述式の所見を交換することをとおして,実習生の特質や課題をより綿密に共有することである。
研究の成果は,第1点については,実習生が上記①と②の観点を意識して授業に取り組み,課題とその克服方法を具体的な形で発見することができた。また「生徒指導と芸術性抽出シート」の活用によって明らかにされた上記①②の観点が実現できている音楽科の教授行動の具体は,今後の実習指導における一つの指針となる。第2点については,研究の1,2年次よりさらに附属間の交流を深めることができた。今後も引き続き,実習校同士でつながった教育実習指導にあたっていきたい。
抄録(英)
The aim of this study were (1) extracting the specific behavior of student guidance (sense of presence, empathetic relationship, self-determination) and the artistic behavior from pre-service music teachers’ lessons, and (2) examining the effect of information sharing on pre-service music teachers among practice schools. After each practical lesson, pre-service music teachers looked back on whether they could work out based on student guidance and reach the artistic level in their instructions or not. Mentors exchange observations on each pre-service music teachers with mentors in paired school. The main findings are summarized as follows: First, many types of teacher’s behavior extracted from music lessons serve as a guideline for future teaching practice. Second, better practical work will be provided when practice schools have a good relationship and exchange information about teaching materials, lesson plans, and what pre-service teachers are like.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
45号
開始ページ
89
終了ページ
97
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧