このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39561
本文ファイル
別タイトル
Using Science Lessons to Promote Collaborative Problem Solving : Focus on the Knowledge-Constructive Jigsaw Method
著者
龍岡 寛幸
キーワード
協働的問題解決
知識構成型ジクソー法
授業実践
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,協働的問題解決を生起させる中学校理科の授業の特徴を見出すことである。そこで,「知識構成型ジグソー法」に着目して,その手法を用いた先行の授業実践の分析や文献調査によって検討して,「知識構成型ジグソー法」を用いた中学校理科授業の特徴を明らかにした。また,「知識構成型ジグソー法」を用いた授業をデザインして実践することで,その有用性を検証した。
抄録(英)
This study aimed to investigate methods promote collaborative problem solving in junior high school science classes. Our focus was on the knowledge-constructive jigsaw method. We reviewed the literature on teaching methods in science classes. In the process, we noted good examples of such methods and identified key points made by various research groups. We ran pilot classes to test the ideas we had developed as a result. We introduced the knowledge-constructive jigsaw method into teaching practice.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
47巻
開始ページ
35
終了ページ
40
出版年月日
2016-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧