このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14610
本文ファイル
Thumnail 0211034.pdf 76.5 KB
著者
CP-PACS Collaboration
JLQCD Collaboration
Aoki, S
Fukugita, M
Hashimoto, S
Ishizuka, N
Iwasaki, Y
Kanaya, K
Kaneko, T
Kuramashi, Y
Lesk, V
Taniguchi, Y
Tsutsui, N
Ukawa, A
Umeda, T
Yamada, N
Yoshié, T
NDC
物理学
抄録(英)
We have determined non-perturbative values of theO(a) improvement coefficient csw in three-flavor dynamical QCD for the RG improved as well as the plaquette gauge actions, using the Schro¨dinger functional scheme. Results are compared with 1-loop estimates at weak gauge coupling.
掲載誌名
Nuclear Physics B Proceedings Supplements
119巻
開始ページ
433
終了ページ
435
出版年月日
2003
出版者
Elsevier Science B.V.
ISSN
0920-5632
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 2003 Elsevier Science B.V.
関連情報URL(IsVersionOf)
http://dx.doi.org/10.1016/S0920-5632(03)01577-9
部局名
理学研究科