このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31219
本文ファイル
別タイトル
Lesson study through collaborative action research with a team of undergraduate student teachers and graduate students (2).
著者
大橋美代子
向井 さゆり
NDC
教育
抄録
本研究は, 学部教育実習生の音楽科授業を院生がアクションリサーチすることによって, その実習生の課題を, 教科外の教育方法に関するもの, 音楽科教育方法に関するもの, 音楽の内容・技能に関するものの3つの視点から分析し, 考察することを目的とした。さらに, さまざまな音楽経験を有する院生たちのアクションリサーチの視点を探ることによって, それぞれが何を音楽科授業にとって必要であると考えているのかを明らかにした。その結果, 小学校音楽科授業と中学校音楽科授業では音楽の内容・技能の求められ方が若干違うこと, 中等教育においては, 音楽の専門的な内容や技能があれば, 音楽科教育方法的な課題はある程度解決できることが明らかとなった。また, 院生の属性によって, アクションリサーチの視点がやや異なることがわかった。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
39号
開始ページ
69
終了ページ
74
出版年月日
2011-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧